日々のことごとです。

いまるちゃんのイメージ

明石家さんまと大竹しのぶの娘のいまるちゃんですが、以前から明石家さんまはそんなにかわいくないとか、気が強いと言う風に言っていたので、イメージとしてはサザエさんの花沢さんのような子供なのかなと思っていました。

あと歯も出ていてよくしゃべるということだったので、ドラえもんのスネオの母親のような子供なのかなと。でも実際にはいろいろと広い世界を見てきたからか、礼儀正しい人で、謙虚な感じですね。小さい頃から芸能界を目指してきたようなので、どうやれば支持されるか、受けがいいかというのは分かっている様子ですね。実際の性格もそうなのかもしれませんが。

身長は150センチと意外と小柄な女性ですね。明石家さんまは平均的な身長ですし、大竹しのぶの方が小柄なのでしょうかね。

スポンサーサイト

ホーム  次のページ »

酒井法子も覚せい剤を所持?

酒井法子に覚せい剤所持で逮捕状が請求されたそうですね。サスペンスやドラマであるならば、被害者と思われていた人が犯人だったとか、捜査をともにやってきた人が犯人だったとか思う劇的な展開でもありますね。

前々から警察から所持品を確認されることを拒んだところから、動揺していたにも関わらずに立ち去る冷静さもあったのかと不思議には感じられていたと思いますし、いろいろな掲示板でも酒井法子も同じなのではないかとも言われていましたね。そういう可能性はあったとは言えそれが本当となると衝撃がありますね。

今振り返ると夫の検査の時にも精力剤だと言い切るところも何か知っていたような雰囲気もありますね。

知人に預けて行方が分からなくなったそうですが、預けたその後はどうするのかという不思議がもありましたし、一時的な措置でもあったような。山梨県で携帯電話の電波が確認されてからは全く足取りが分かりませんでしたし、本当に山梨にいるのかという不思議さもあったかと思います。

覚せい剤所持で逃亡しているのが本当の話だとすれば、段取りもそこそこ順調にやっていて携帯電話の電波を発信させるのも不思議ですし、山梨に居ると言う偽装でもあるのかも?

夫が所持品検査をする時に酒井法子が駆けつけた際に送ってあげた男性もまったく連絡も報告もないのも不思議でしたね。

全体的になんとなく最悪の事態も考えられただけにいろいろ憶測や詮索するのはタブーで控えめにしていた感じはありますが。

一部では団体の施設に隠れているのではないかということも言われていたようです。

親族が逮捕されてもなんとかがんばる人もいるにも関わらず、同じ時期に矢田亜希子の夫も逮捕されたのに酒井法子だけそこまで追い詰められるものなのかという雰囲気もありましたが。

最初は責任の強い女性、子供のことを思う家族思いの母親、ダメ夫に振り回されるかわいそうな妻という見られ方でしたが、一転逮捕される人物になるとは・・・。

これは現行犯逮捕よりも印象が悪いですね。所持プラス逃亡ですし、もう芸能界にも復帰できないのではないでしょうかね。

ついやってしまったというよりも計画的で意図的に逃げたのでしょうし、テレビで見かけることがあればどんな気持ちで逃げたのかと頭に浮かんできそうですしね。

追い詰められたと言うよりも逃げている雰囲気であったり、いろいろと準備できているほど気力があったようですし、そうだったのか。


ホーム  次のページ »

酒井法子は逃亡なのか・・・

酒井法子が行方不明ですが、いろいろと大騒ぎになっているだけに長男が発見された時にはどこかに隠されていたとかではなく、知人の家に居たという意外と身近で平穏な生活を送っていてあっさりしすぎた結果でしたし、酒井法子もこんなに騒がれていてどこかに身を潜めているとなれば責任感の強い女性とは正反対だろうと思っていましたが、さらには理由が自分も覚せい剤を所持していたからだとなると、森田健作も言っていたように責任感がないという風に見えますね。

なんとなく世間からは芸能人の裕福な家庭の母親で、教育熱心で、子供も有名な小学校で、仕事の方でもファッション的なものも手がけるなど、憧れ的な存在にも感じている方もいたと思いますし、その人が一転闇の部分があるとは。

良き母親でまじめな芸能人というのは仮面だったのかという衝撃がありますね。まさかまさか、怪しいところはあったけどまさかそういう人だったとは。

夫と知人男性も覚せい剤仲間だったのでしょうかね。夫も親しい人を呼んだというよりも、そういう仲間として助けを求めた状況だったみたいですね。

もしかしたら自分の意思ではなく使用を隠すために連れられていった可能性があるのではなどいろいろと考えてしまいます。

そもそも子供を預かっていた人と言うのも全くテレビを見ない人だったのか、街でも見かけないほど出歩かない人なのか、新聞も読まない人なのかと不思議な部分も多いですが・・・。



ホーム  次のページ »

酒井法子は覚せい剤を使用していたのか

酒井法子は覚せい剤を使用していたのでしょうかね。だいたい芸能界では一般的には男性の使用が多く、小学生と言う子供がいる母親の使用はあまりないと思います。

酒井法子は年齢のこともあるとは思いますが、顔がやつれたような時もありましたし、目のくぼみができている時もある風にも見えました。

年々か前から体重も減ってほっそりした感じた見られたそう。その上入れ墨、タトゥーなども入れたりと清純タレントのイメージからかけ離れた人になったみたいですね。

スポーツ紙によっては詳しく書いているところもありますね。

スポーツニッポンでは

稼いだギャラの大半は高相容疑者が都内で経営していたサーフショップにつぎこんだ。その後経営は破たん。高相容疑者の父親は息子を勘当。父が経営するスポーツショップのポスターに、無償で登場し父子の関係修復にも努めた。

結婚してからはサイケデリックな音楽を流す都心のクラブやレイブパーティーにたびたび姿を見せるようになった。

長男を預けていた東京都港区の知人とは夫の愛人・不倫相手でもともとは酒井法子の友達だった。

マンションから大量の荷物を持ち出した。数十万円を引き出した。衣類を大量に買い込んだなど冷静?に準備はしていたみたいですね。




ホーム  次のページ »

酒井法子は育った環境など

酒井法子はイメージとしては清純でしたが、実生活ではそうではなかったということらしいですが、仕事では全くそういうイメージはほとんど崩さずに、そして準備をして逃亡するという状況ですね。

やはり生き抜くという面では幼い頃にいろいろなことがあったので、どんな環境にも対応する力というのが身についていたのかなという印象も。

覚せい剤を使用したとするならば使用しながら警察を振り切ったり、芸能人でありながら逃げるということもそうはできない感じですかね。

夫は酒井法子と一緒に使っていたこともあるそうですが、知っていながら精力剤などと言ったり、事務所の関係者が心配しながらも姿を見せない、連絡がないというのもそう簡単にはできないと思いますし・・・。

ホーム  次のページ »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。